top of page

借りていた物件を退去する際には

退去立会いをしていると、様々な物件があり、

退去の状態も2つと同じものがないのは当たり前ですが、

借りている側、貸している側、共に良い「心がけ」の垣間見える物件というのは

存在するものです。

その逆も然りです。


住んでいる方もどうしても賃貸住宅というと、自分の所有物ではないので、

やや雑な扱いになってしまうようですが、

クロスの傷は汚れ、これには十分気を付けてください。

エアコンも手入れしている人と手入れを怠っているケースとでは、

明らかに状態は違ってしまいます。


例えばお風呂の蓋なども最初からついているものを勝手に捨てて、

新しいものを購入(交換)したら、次の住まいに持参してしまうなどはNGです。

設備として備わっていたものは、交換したとしても置いていきましょう。



そしてオーナー様も次の入居者様が気持ちよく住めるように、

張替えが必要なクロスであれば、是非貼り替えをおすすめします。

築年数がある程度経っている物件なら尚更です。

一時的に出費になったとしても、綺麗なクロスが貼ってある住まいは

印象が全然違います。

それが空室を回避するためのちょっとした心がけだと思うのです。



退去立会い前に賃貸契約書を読み込み、退去の際の精算金額等の記載や特約事項等を、

弊社で確認をしています。

物件によって、あるいは所有者の方によって、契約の内容は違います。


細かい文字でつい読むのが面倒な書類ですが、

契約者様には是非、入居時・退去時にはよく内容を確認をして頂くことをおすすめします。

一番もったいないのは、1年未満の退去ですね。

1年未満の退去になると、早期解約違約金が発生する場合が多いです。

事情がある場合はやむを得ないですが、契約書を読んでさえいれば、

余計な出費が防げるケースが多いです。


お互いに貸して頂いた、借りて頂いたわけですから、

退去時には不必要なトラブルになることなく、

気持ちよく、お互いを感謝し合えるといいですよね。


閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page